Header image

ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、一緒に学びませんか!!
お申し込み、お問い合わせはこちらから
 トップページ >>Q & A

 


ヴァイオリン、弦楽器Q & A

Q 学校のオーケストラでヴァイオリンを始めたのですが、もっとソロも弾けるようになりたいと思っています。どうしたらいいですか?
A 基礎的な音階や弓の持ち方などは自己流になる前に、先生に習って勉強することが必要ですね。

このページのトップへ↑

 


Q 弓がまっすぐ弾けず、弓先でうしろに曲がってしまうのですが...
A 後ろに曲がるのにはいくつか原因が考えられます。実際に見せて頂かないと難しいですが、考えられるのは、右手の肘がのびないで曲げたまま弾いている、あるいは、右手が弓を握りしめている場合が多いです。その他にも考えられることはありますが、一人一人の骨格が違いますし、ヴァイオリンの構え方、姿勢、など色々な要素が絡み合っていることも考えられます。

このページのトップへ↑

 


Q ヴァイオリンを弾くと疲れてしまいます。どうしたら力を抜くことができますか?
A 力を抜くのは難しいですよね。楽器を持つことに左手や首、肩に力が入ってしまう人もいますし、音を鳴らそうと思うと右手に力が入ってしまうなど、症状は色々、力の入る場所も様々です。

このページのトップへ↑

 


Q 左手の4の指の音程がどうしても低くなってしまいます。どうしてですか?
A 生まれつき小指が短い人も、そうでない人も、左手の構え方によってかなり解決できます。手首を向こう側(渦巻き側)に突き出している人、あるいは手のひらでネックを受けていて手首が自分の顔側に曲げている人は、とりあえず手首をまっすぐにしてみてください。そして、クジャクが羽根を広げた姿を思い起こしてみてください。クジャクの体は中央にいて、羽根は左右に広げますよね!実は指も人差し指(1の指)を中心にして広げるのではなく、中指(2の指)か薬指(3の指)くらいを中心にして人差し指(1の指)と小指(4の指)をそれぞれ外側に向けて広げるようにするとずっとラクに指を広げることができます。

このページのトップへ↑

 


Q 速い箇所がなかなか弾けるようにならないのですが、どんな練習をしたら良いですか?
A 速いパッセージに限らず、何回もつっかえたり弾きにくいと感じる部分を、その中でも特にどこが、あるいは何が難しいのかをみつけましょう。そこをゆっくりから何度も練習して弾けるようになったら、少し前の部分から続けてゆっくりから練習してみましょう。大事なのは何が難しいと感じる原因かをみつけること、落ち着いて練習することです。自分一人でみつけるのは難しいので、レッスンを受けることで原因を的確に指摘してもらえ、更に自覚がなかった問題点なども教えてもらえます。

このページのトップへ↑

 


Q 学校のオーケストラ部に入っています。何時間も弾くと腰とか背中が痛くなってきます。どうしてでしょうか?
A 座り方に問題があるかも知れません。椅子にどんな風に腰掛けていますか? 背中に力を入れて反り返るとくたびれてしまいます。お腹で息をできるようなラクな姿勢にしましょう。また、背中を丸めているのも背中の筋肉をずっと緊張させてしまいますし、内臓を押し付けている状態なので健康によくありません。その他にも原因は考えらます。正しい姿勢はすべての基本ですので、きちんとした指導を受けることをお勧めします。

このページのトップへ↑

 


Q ヴァイオリンを買ってもらいました。どんなことに気をつけていけばいいですか?
A ヴァイオリンに限らず、ビオラもチェロもコントラバスも弦楽器はみんな湿度にデリケートです。適度な湿度が必要ですので、冬は加湿器を置いて、夏は除湿器を置いて50〜55%に維持したいところです。しかし、そうも行かないという事でしたら、ケースの中に夏は除湿剤、冬はダンピットという加湿専用のチューブが弦楽器専門店にあると思いますので、それを使うのも良いでしょう。夏も冬もこまめに取り替えることが必要です。

このページのトップへ↑

 


Q 子供にヴァイオリンを習わせたいので楽器を欲しいのですが、何に気をつけて買えばいいですか?
A お子様のからだの大きさに合ったサイズの楽器を買うことが大切です。大きな楽器を使うと構えるだけで無理が生じて辛くなり、続けられなくなってしまいます。ちょうど良い大きさか少し小さめくらいから始めるのが無理なく続けられると思います。まずは習う先生にご本人と一緒に相談されることをお勧めします。

このページのトップへ↑

 


Q 中学2年のとき、ヴァイオリンっていいなと思って音楽教室で習い始め、今高1です。やればやるほどヴァイオリンに惹かれています。こんな遅く始めても音楽に進むことができるでしょうか?3歳、4歳からしないといけないと聞きましたが…。
A プレイヤーとしてプロになることは難しいですが、一生懸命勉強し、自分の課題をしっかりクリアしていく努力をしてゆけるなら、音楽関係の仕事には就くことが可能だと思います。演奏もそれで身を立てるということではなく自分自身が楽しみ、また身近な人たちに楽しんでいただけることは、勉強次第で可能だと思います。「好きこそ物の上手なれ」ですね。

このページのトップへ↑

 


Q 現在高1で音楽大学に進みたいと考えているのですが、音楽大学を出てもソリストで活躍できるほどではないし、オーケストラに入るのも難しいと聞いています。それでは果たしてどんな職業に就けるのでしょうか?私はピアノとヴァイオリンを5歳のときから習っています。両方とも好きでどっちかに絞ることができずにいます。どんな道がありますか?
A 今は大学で学んだことを活かした職業に就くことは、音楽に限らず難しい時代ですね。だったら自分の好きなことを勉強して、その中で身につけた粘り強さや真摯な姿勢、物事の考え方などをどんな職種であっても活かす、という考え方もあると思います。とはいえ、やはり音楽の世界で生きて行ければ望ましいと思います。音楽を専門に学んだ者の職種は実は意外にあります。その中で最も一般的なのが音楽教室や自宅でのレッスン指導者、また地元での地道な演奏活動で今は思いつかない何かが広がっていくこともあります。プレイヤーだけが音楽の仕事ではありませんので、まず自分の学びたいものが何なのか、いろいろな音楽学部のある大学のオープンキャンパスなどに訪れ、どんどん相談されることをお勧めします。各大学にはそれぞれ特色があり、音楽に関するさまざまな仕事をアドバイスする事もできます。 ちなみに聖徳大学のアドレスはこちらです。http://www.seitoku.ac.jp/daigaku/music/ocampus.html

このページのトップへ↑