Header image

ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、一緒に学びませんか!!
お申し込み、お問い合わせはこちらから
 トップページ >>キャンパス

 

キャンパス

◆大学学部および大学院の授業

専門実技レッスン
 教育理念:聖徳大学の弦楽器部門では、基礎力を重視し、癖や習慣的な無駄な力を取り除き、各自が持っている感性をもっと自由に表現できるようにすること、更に、アンサンブル力をつけ、和声感、全体を把握すること、その中での各自の 役割、呼吸、音楽の世界を広げること、そして表現のための技術を身につけて行き、更に音楽感の幅を広げていくすべを身につけていくこと、それがまたソロ活動にも反映されると考え、指導しています。
  弦楽器専修の実技指導教員紹介
Violin 坂本真理 菅谷早葉
Viola 安藤裕子
Violoncello 加藤陽子
Kontrabass 大西雄二
  レッスン以外の弦楽器に関する大学の授業
  • 合奏演習
    担当教員/坂本真理(ヴァイオリン)岩戸有紀子(ヴァイオリン)安藤裕子(ヴィオラ)加藤陽子(チェロ)大西雄二(コントラバス)
  • 管弦楽演習
    担当教員/坂本真理(ヴァイオリン)岩戸有紀子(ヴァイオリン)安藤裕子(ヴィオラ)加藤陽子(チェロ)崎野敏明(チェロ)大西雄二(コントラバス)杉原茂範(コントラバス)
  • 室内楽演習
    担当教員/坂本真理(ヴァイオリン)安藤裕子(ヴィオラ)加藤陽子(チェロ)
  • アンサンブル特別講座「室内楽の楽しみ」
    お話とViolin演奏:岡山潔(客員教授)/演奏:菅谷早葉(ヴァイオリン)生田絵美(ヴァイオリン)阪本奈津子(ヴィオラ)加藤陽子(チェロ)村田千佳(ピアノ)
聖徳大学音楽学部「私たちのフィガロの結婚」オペラ公演の記録

声楽だけではなく、音楽学部全体の学生たちが関わって作り上げていくオペラ公演までの記録です。
★音楽学部の今年のパンフレットにチェロの坂田さん掲載!
「ヨーロッパ研修旅行は、とっても実りあるものでした。」演奏学科 器楽コース弦楽器・打楽器専修4年 坂田桃子さん ヨーロッパ研修旅行は、本当に実りあるものでした。
高校生の時に参加した聖徳無料体験レッスンで、プロのチェリストとして活躍されている植草先生にお会いしました。AO入試の試験曲を弾いた後に、色々とアドバイスを頂いたのですが、そのとき先生が弾かれた1音にすごく感動し、聖徳への入学を決めました。大学では、プロとして活躍されている先生方が多いので、お話ししたり一緒に演奏していると勉強になることばかりです。また、先輩方との交流も多く「演奏会があるから一緒に出ない?」といった話をいただくこともあり、自分の活動の幅がどんどん広がっていきます。
海外研修では、ウィーンとパリにいったのですが、ウィーンの音楽大学では現地の先生のレッスンや講座で貴重なお話を聞くことが出来て、大変収穫の大きい研修でした。

このページのトップへ↑